ABW-353 私の美しい同僚

 読み込み中 

今日は会社の新入社員歓迎会に行ってきました。私はお酒はあまり飲まないのですが、嬉しい日だったので少し飲みました。嬉しくて時計を気にせず終電を逃してしまいました。旅館に泊まろうとしていると、新卒の美人新入社員・野々浦くんが「うちに泊まらない?」と声をかけてきた。いけないとわかっていても、ナオが説得し続けてくれたので、私も同意しました。一晩寝るだけで何もしないと自分に言い聞かせました。しかし、私の理由は私が想像していたほど強力ではありません。薄着でノーパンの野々浦さんを見ていると、胸が目の前に現れた。彼女が私とやりたいと言ったとき、彼女が家で私を心配していたにもかかわらず、私は抵抗できずに一晩中セックスしました。

ABW-353 私の美しい同僚