TUE-140 義父は息子が隣で寝ている間に義理の娘のマンコをしゃぶる

 読み込み中 

夜が怖い 9人の娘が父親から虐待を受けていた。毎晩バタンという音がして、父が部屋に忍び込んできました。優しかった父親は日中は別人となり、娘に服従することを拒否する淫らな強姦魔と化した。可哀想な娘たちは父親に脅され、母親に相談することも許されず、父親の性的欲求を満たすためにレイプするしかなかった。 「お願い…やめてください、お父さん…」。

TUE-140 義父は息子が隣で寝ている間に義理の娘のマンコをしゃぶる