FSDSS-607 とても幸せな若手アイドルのデビュー

 読み込み中 

今日は一週間頑張ったので、自分へのご褒美にリラックスして週末を最大限に楽しむことにしました。彼女はここで一番有名なマッサージ店に行きました。受付はとても丁寧でした。長年培ったスキルが彼女をすべて忘れさせた。蘭々の胸や薄い下着に芳香オイルを垂らし、リズミカルに揉みしだき、突きまくると、蘭々は体の隅々まで快感が広がるのを感じた。今では二人とも全てを忘れており、客や従業員という概念はなく、ただ経験豊富な男性が好色な女性に奉仕しているだけだった。

FSDSS-607 とても幸せな若手アイドルのデビュー