SSIS-787 夫が体が弱くて妻が義父とこっそりセックス

 読み込み中 

数ヶ月前に夫が転職し、義父と同居しています。私はこの義父が好きではありません。毎日セクハラを受けている…一刻も早くこの家から出ていきたい…麻衣の予感は的中した。それから間もなく。義父からの虐げで心が弱っていた麻衣は、夫が単身赴任の日に大嫌いな義父の肉料理を受け入れ蜜壷に入れていた。その日から彼女の体は義父の欲望のはけ口となり、義父の肉棒が忘れられなくなった。

SSIS-787 夫が体が弱くて妻が義父とこっそりセックス